速く原稿を描くには

こんばんは ぽーさんです。

6月も半ばですね。

毎年、これくらいの時期になると謎の肌のかぶれに苦しめられます。

 

昨日までは原稿を締め切りまでに終わらせる方法を

書いていたわけですが、今日からは締め切りまでに

終わらせるための具体的な手段、速く原稿を描く方法です。

 

原稿は締め切りまでの時間いっぱい使って描くもの・・ではない!

わたしは以前は同人誌の原稿は自分の時間を出来るだけ使って

丁寧に最高の品質の漫画を描くもの、だと思ってました。

 

間違ってはいないと思うんです。

ただ、ちょっとハードル上げすぎ感はありますよね。

 

それに、自分の人生って、仕事とか家族とか友人とか

その他いろいろな要素があって、

自分がコントロールできないものもあります。

 

自分の余暇時間を全て同人誌に捧げることは

自分はそうありたいと思ったとしても現実には難しいです。

 

我々は常に時間に追われている

同人誌を描く時間を確保することも大事なんですが

それと同時にいかに速く描くかも重要になってきます。

 

速く描ければ原稿を落とす確率も減るし、

余った時間にもう一冊本が出せるかもしれない。

 

それに、もし人気同人作家になりたいんだったら

大きなイベントごとに新刊を出すのが必須になってきます。

 

大きなイベントはだいたい季節ごとに開催されるので

3ヶ月に1冊のペースで本を出すことになります。

 

3ヶ月(90日)はだいたい平日が63日、休日が27日です。

平日に1時間、休日に5時間作業するとすると

63日×1時間+27日×5時間=198時間

24ページの本を作るとしたら1ページあたり8.25時間で

描くことになります。

 

なんか・・余裕じゃない?って思いますか?

でも平日毎日1時間して休日は必ず5時間作業って

できます??

 

わたしは正直無理です

 

多分ね、作業時間の6割はサボると思う

サボってなくても手につかないとか、

ツィッター見るとかしちゃう

 

となると、198時間×0.6÷24ページ=4.95時間

1ページ6コマだとしたら1コマ約50分。

 

下書き〜仕上げまでなら1コマ50分でなんとか出来るかもしれないけど

ストーリー考えたりラフとかの時間を含めたら・・間に合う?

この時間で・・。

 

キビシイ・・。

 

速くかけるのに越したことはないと思います。

 

具体的にどうするか

その方法をこれから書いていくわけです。

 

  • 絵を描かなくてもわかるコマは思い切って絵を省略
  • 背景はまとめて描いて流用する
  • レイヤー構造は出来るだけシンプルに
  • クリスタの便利な機能を知ろう
  • クリスタ素材を活用しよう
  • ポーズ集を使って複雑な構図を短時間で描く
  • 苦手なことは得意な人にお願いしちゃう
  • 思い切って工程を省いてそういう絵を描く人になっちゃう

 

上記についてはこれからのブログで詳細を書いていくね。

 

今日はここまで。また明日〜。