苦手なことは得意な人にお願いしちゃう

こんばんは ぽーさんです。

数ヶ月前、友人から16Personalitiesという性格診断を

勧められてやってみて、その時はふ〜んって

感じだったんですが、昨日読んだ本に

自分の強み・弱みを知るために

性格診断って有用よ〜という内容を読み、

もう一回やってみっかと思いやってみたら

まさかの同じ診断になりました。

結構異なる選択肢を選んだ気がしてたんですが。

 

結果は恥ずかしいので秘密です。

結構当たっていると思うのでやってみてください。

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities

 

苦手なことは得意な人に頼ろう

今日の内容は(も?)タイトル通りなんですが

同人誌を作成する過程の中で苦手なことは

思い切って得意な人に頼んじゃいましょうという

お話です。

 

いつもどおりわたしの体験談から。

 

わたしは絵は描けるけどデザインのセンスはないので

表紙やタイトルロゴなどをデザイナーさんに

たまにお願いしています。

 

お願いする内容により費用は変わりますが

デザインの苦手なわたしがあれこれ試行錯誤して

ドツボにハマっている時間を考えると

お願いした方が安上がりかなという判断です。

 

あとはデザイナーさんにお願いするとなると

後回しにしがちな表紙絵をデザイナーさんに

お渡しするスケジュールに合わせて着手しなきゃ

いけないという強制力も働くので、

その点もわたしにとってはメリットですね。

 

わたしの場合はデザインですが、

それ以外にも

・小説書きの人が絵描きさんに表紙絵を頼む

・漫画描く人がトーン処理やベタが間に合わない時に

 友人の漫画描きに手伝いを頼む

・装丁をデザイナーさんに考えてもらう

こんな場合もあり得るかもしれませんね。

 

同人って1から10まで自分でやってこそ同人!って

思う方もいると思うんですけど、

でもやはり時間って限られているからね。

 

割り切って人に任せてしまう、というのも

実は良い選択肢かもしれませんよ。

 

同人デザイナーさんの探し方

まずはまとめサイトなどで自分の好みに合う

デザイナーさんを探してみましょう。

Google「同人 デザイン」で検索すると

ヒットしますよ。

 

同人誌のデザインをやってくれるデザイナーさんは

ツィッターのアカウントを持っていたり

自身のサイトなどを持っていたりしますので

そこで自分の絵柄や同人誌の内容と合う

デザイナーさんを探しましょう。

 

人気のデザイナーさんはスケジュールが

結構先まで埋まっているということもありますので

早めに動くのが吉、です。

 

余談ですがわたしのブログでも同人作家さんと

同人デザイナーさんをつなぐことを

やってみたいな〜って思っています。

 

デザイナーさんの得意なテイストやデザインを

選んでもらい、そのカテゴリーごとに

表示できるようにするとか・・。

 

では、今日はここまで。また明日〜。