今までやってよかった装丁について

こんばんは。

結構前のイベントの売上の硬貨を銀行に預けようと思って

出かけたんですが、土曜日硬貨預けられんのかい!って

なったぽーさんです。

 

あと土日の手数料の高さね。

 

わたしはメインバンクはネット銀行なんですが

コンビニATMだと硬貨が預けられないので

サブにしている銀行の支店までわざわざ行ったというのに・・!

 

・・今日は装丁の話です。

 

装丁について

こだわる方はめちゃめちゃこだわるし

気にしない方は4Cアートポスト180kgクリアPPにコミック紙スミ刷りで

いいじゃんっていう、装丁の話です。

 

わたしの場合は昔はめちゃめちゃこだわりたかったけど

今はそんなに・・って感じになっちゃいました。

 

拘らなくなったのは、あんまり自由な時間がなくて

装丁にこだわると締め切りが早くなるから

諦めざるを得なくなったからですかね・・。

 

悲しい話やん…。

 

そんなわたしですが、昔やった中でよかった装丁と

あとは憧れの装丁の話を今日はしますね。

 

ベルベットPP

 PPは紙にポリプロピレンを圧着することで表紙の強度を

強めたり手触りや見た目を変える装丁です。

 

有名なのはクリアPP(ツルツルの手触り)、

マットPP(ざらざらの手触り)、

あとはホログラムPP(見る角度によってキラキラが変わる)でしょうか。

 

ベルベットPPはマットPPの進化版みたいな感じで

手触りがもっとしっとり・・って感じのものです。

 

マットPPはすごく素敵なんですが

傷が目立ちやすいというデメリットがあります。

ベルベットPPはマットPPよりも傷に強く

さわり心地がさらにマットです。

 

繊細な感じの絵柄の表紙によく合うと思います。

 

通常のPPよりもちょっとお値段は高めです。

 

正方形本

A5やB5の短辺と同じ長さで長辺をカットすることで

正方形の形にした本です。

 

かわいい感じになるので絵本っぽい感じの同人誌や

デフォルメのキャラの本が似合うと思います。

 

原稿を作る時に正方形に合わして

原稿サイズの設定を作らなきゃいけないので

最初だけ戸惑うかもしれません。

 

印刷所によっては切り落とした部分をメモ帳として

一緒に納品してくれるところもあるので

おまけにするのもいいかもしれませんね。

 

費用はカット代のみなのでそれほどかかりません。

 

憧れの表紙用紙 パルルックトワイライト

昔、わたしの憧れの同人作家さんが使っていた紙で、

ベージュっぽい紙色なんですが角度によっては紫にも見える

パール調の紙です。

 

シリアスっぽい話の同人誌に合いそうな感じです。

 

この紙がわたしの憧れのままになっている理由は

紙自体が高いこと、

表紙が傷つきやすいのでP Pのオプションがほぼ必須でさらにコストがかかること、

オフセットでの印刷が難しいらしく取り扱っている印刷所が少ないこと。

(オンデマンド印刷では割と扱っているところがある)

 

いつか使いたいと思いながら幾星霜・・って感じです。

 

では今日はここまで。また明日ね〜。