印刷通販について

こんばんは ぽーさんです。

足も全快して髪を切りに行ってきました。

夏なのでできるだけ短くしたく、さっぱりです。

 

今日は印刷通販の話です。

 

印刷通販って?

わたしもこの記事を書くに当たり、そういやあの印刷所って

一般的にはなんていうんだろって調べたらこの言葉が出てきました。

 

会社としてはグラフィックやプリントパックが大手なんですが

これらは通販で印刷仕様をオーダーし、完成原稿を入稿することで

印刷したものが納品されてくるという会社さんです。

 

同人誌印刷所と何が違うの?

これらの印刷所はメインの顧客は一般の会社やお店などです。

つまりBtoB(会社対会社)が事業のメインです。

同人誌印刷所はBtoC(会社対顧客)がメインです。

 

企業からの注文ですから、大口だったり注文頻度が安定していたりと

メリットがあり、多くの企業からの注文を短時間でこなすために

印刷メニューがある程度限定的だったりします。

 

印刷通販がファストフード、同人誌印刷所は個人経営のこだわりの

レストラン、みたいなイメージだとわかりやすいでしょうか。

 

印刷通販は個人でも使えるところがあります。

 

印刷通販のメリット

安さ、速さ、安定性

一番のメリットは安いです。

挟み込みポスター印刷や口絵印刷を安く済ませたいなら

印刷通販で印刷して同人誌印刷所で挟みこんでもらうと

安くすみます。

ただし、印刷通販で印刷した口絵の挟み込みはやらないという

同人誌印刷所もあるのでサイトなどでチェックしましょう。

 

あとは、工場が休みなくほぼフル稼働しているため

納期が早いです。

ただ、こちらは以前社員の勤務状況に問題があるという会社もあったので

一概にいいとは言えませんが・・。

 

印刷通販のデメリット

完成原稿を入稿しないといけない

基本的には印刷通販はデータに一切のミスがない原稿を

入稿する必要があります。

今はオペレーターさんがデータの確認をしてくれるサービスも

あるところはあるのですが、データにミスが発生した場合でも

納期を調整してくれるなど、融通が効かせてくれることは

難しいようです。

 

まぁ、しょうがないよね・・。

 

では、今日はここまで。また明日ね〜。