イベント後の売上・釣り銭をどうするか

こんばんは ぽーさんです。

暑い・・ムシムシと暑いですね。

まるで水の中のような湿度。

マスクをするのが本当にツライ。

熱中症にはみなさんお気をつけください。

 

今日はイベント後の売上・釣り銭の話です。

 

紙幣はすぐにATMへ

イベントが終わり、売上分の紙幣はすぐにATMに入れてしまいましょう。

ビッグサイトにもATMあるけど、混んでいたらコンビニのATMなどから。

これは防犯上の問題もあるけど、確定申告の時に売上の証跡として

入金記録が欲しいからでもあります。

必ず売上はすぐに入金しろ!というわけではないんですが

税務署の人に「ちゃんと管理しているな」という良い印象を与える目的で有効です。

(こういうのは結構重要らしい)

 

硬貨もできればATMから入れてしまいたいけど

次回イベントの釣り銭として使うかもしれないし

そもそも硬貨を扱える時間帯やATMって限りがあるから

硬貨はおうちで枚数を数えて整理しておきましょう。

 

ところでATMって一度に扱える紙幣の数に限度がある場合があり

コンビニのATMは50枚のところが多いようです。

コンビニで大量の紙幣をATMの前でガサガサやっていると

防犯上よくないので、50枚ずつにまとめてATMに一瞬で

突っ込めるように準備しておくと良いでしょう。

また、他のATM利用者の迷惑にならないように

人が待っていない時にサッとATMに行ってサッと入金しましょう。

 

紙幣はまぁいいんだよ 問題は硬貨

わたしも今年の春コミの硬貨がまだ家にあってだな・・。

 

以前ブログの余談に書いたんですけど、土曜日に

銀行の支店のATMに行ったら硬貨取り扱ってないわけよ。

重い思いをして持って行ったのにサ・・。

 

平日に銀行行くにしても昼休みの時間帯に行くとか

わざわざ有給取っていくとかしないといけないわけよ。

いや、そこまでしないでしょ・・。

 

それに、硬貨を銀行に持っていくとATMの場合は

1日の取り扱い枚数に限度があるし、窓口では手数料取られるっぽいんですよね。

大量の小銭の両替方法、どれが一番お得?お札を小銭にくずす方法も -

 

さて、どうしたものか・・。

 

普通に硬貨をお財布に入れて日々の支払いに使うのはまぁいいんだけど

大量にある場合、いつ使いきれんのって話だし

そんなに重い財布持ち歩きたくないよ・・。

 

そんなわたしが今日思いついたのが、

電子マネーにチャージすればいいじゃんってこと。

 

ただ、コンビニでチャージするとして、店員さんに大量の硬貨を

数えさせるのは気が引けたので、機械でチャージできるものがいいなと思い、

わたしの場合は駅の券売機のPASMOチャージでチャージしました。

 

駅の券売機まで大量の小銭(今回は500円を30枚と100円を40枚)を持っていき

いざチャージ!と思ったら、一度に扱える効果の枚数が10枚らしくて

計7回に分けてチャージしました。

他のお客さんがきたら最後尾に並び直してとやって10分くらいかかったかな。

 

PASMOは1枚の入金金額に2万円の限度があるので、まだ硬貨はあったけど

今回はこれで終わり。

 

正直、券売機に大量の小銭入って他の人が小銭使えなくなる

可能性があるし、あまり良い手段だとは思えないんだけど

硬貨を活用する良い手段があまり思いつかないので

一つの案としてもらえば・・。

 

イベントで電子マネーは普及するのか

今回の釣り銭のことで思ったのが、イベントで電子マネーが普及したら

こんな問題もなくなるんだなぁということ。

現状、電子マネーで決済できるサークルさんってわたしは

見たことがないけど今後は普及していくかもしれませんね。

QRコードでの決済だと1決済に30秒くらいかかるから

これがもっと短時間で行えるようになったら普及していくんだろうなぁ。

 

余談 サークルさんのイベントでのお金の扱いについて

昨今、イベントでサークルスペースの売上を盗む人がいるらしいんです・・。

結構あの手この手で巧妙に仕掛けてくるらしいんで

お金はしっかり管理しましょう。

具体的にはお釣り入れは蓋ができて持ち運びできるものにする。

紙幣はお客側から手が届きにくい位置にしまう、など。

 

お金自体じゃなくて本を盗むケースもあるらしい・・。

これはもう売り手側が注意しとくしかないですね・・。

 

あと、別視点の話なんですが、わたしが体験したちょっと嫌な経験なんだけど、

合同でスペース取っていた方が目の前にお客さんがいて

私が接客している状態で売上のお金を数え始めたことがあるのね。

 

これはその人の感覚によりけりの話なのかもしれないけど

スペースに来てくれた人にも、一緒にサークル参加していたわたしにも

同人誌で金儲けしているみたいで印象が良くなかったなぁ・・。

 

お金っていろいろな感情を生んだりいろいろな出来事を引き起こすものだから

扱いには気を使ってね。

 

では今日はここまで。また明日ね〜。