倦怠期・ジャンル変更について

こんばんは ぽーさんです。

YouTubeの猫動画に癒される日々・・。

 

今日はいつか誰にでも訪れる倦怠期・ジャンル変更の日についてです。

 

好きを一生続けるのは難しい

今めちゃくちゃハマっているジャンルやカップリングがあるとして

いつかはそれに飽きてしまう日がくるってことを今は想像するのは

難しいと思います。

 

一生そんな日は来ないって人ももしかしたらいるかもしれないけど

なんかちょっと熱が収まってきて、新しい漫画やゲーム、

流行りの作品が気になり始めて、いつの間にかジャンル変更していた、

そんなことは正直誰にでもあります。

 

その作品が大好きって期間が1年の人もいれば、10年の人もいて

どっちが良い・悪いってことはありません。

 

界隈の人付き合いとか、フォロワーの数とか、

そういうのを気にしてジャンルを変えないってことも

あるかもしれません。

 

ぜ〜んぶ、何も間違ってないよ。

自分の好きなようにやればいいんだよ、だって趣味なんだもの。

 

人って他人に優劣をつけるのが好きで、人のことに対して

いろいろ文句をつけるのが好きです。

だからどんなスタンスであってもなんか言ってくる人はいってきます。

気にしなくていいよ、自分が好きなようにやるのが一番。

 

倦怠期とかジャンル変更について、他人から言われることは気にしない。

それでいいと思います。

 

問題は自分が自分をどう思うか

ツィッターで絵をあげなくてすみませんとか

更新があまりなくて申し訳ないって書いている人いるし

わたしも時々そう思うこともあります。

 

その作品への愛が薄れてきたことに罪悪感を抱くことがあります。

 

でもさ、しょーがないんだよ、人間って変わる生き物だから。

 

1年前は推しへの愛バリバリで同人誌出しまくってたかもしれない。

でも今年はあんまり描けてないかもしれない。

 

それは自分の内面の問題かもしれないし、自分の環境のせいかもしれない。

ただ、今はそういう時期なんだなって受け入れるのがいいと思います。

 

諸行無常、世の中に絶対に変わらないものはございません。

焦る必要もないしゆっくり今の時間を楽しめばいいじゃないですか。

 

今、わたしがいる界隈も流行のピークが過ぎてだいぶ落ち着いてきて、

他のジャンルに移動する人も増えてきたし

そのことに対して焦ったり落ち着かない気分になっている人も多くいて

そんな中で思うことを書いてみました。

 

わたし自身も今は同人誌じゃなくてブログ書いているしね。

 

今日はここまで。また明日ね〜。